スポーツの秋とはまさにこのことか!!  松原 稜典 2017/10/21 (23:05)
入社5年目の2017年も残り2ヶ月と少し。
季節もすっかり秋だなと感じる今日この頃ですが、
この一カ月、ミヤテレはスポーツ中継が目白押し!!
私も、いろいろなことに挑戦させていただきました。



まずは先月の始め、
初めてプロ野球、楽天イーグルスの実況をさせていただきました!



敵地・福岡に乗り込んでのソフトバンクホークス戦。


当時のチーム状況は芳しくなく(このゲームに敗れ9連敗…)
喋り終わったあと、悲観的な空気を纏いすぎてしまったかな
という反省がありました。




その日先発した辛島投手は5者連続三振を奪うなど好投。

打線の援護がなかったとはいえ、
ホークスに嫌なイメージを与えるに十分のピッチングで、

それが先日のCSファイナルステージ第2戦、
チームの勝利を呼び込むピッチングに繋がったのではないのかなと
勝手に思っております。


そういう今後に繋がるような部分であったり、
もっと一球の面白さを伝えていけるようこれからも精進していきます!




先月の終わりには
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの
ラウンドリポートを3日間担当しました。
こちらも初めての担当。


日差しの強い中3日間、

女子プロゴルファーのプレーを間近で見て
放送でその日の様々な状況をお伝えしましたが、
やっぱりゴルフは奥が深いなと!


より勉強して、コースにも出て
(今コースに出るととてつもない数字を叩きますが…)

もっとゴルフを知りたいと思う3日間でした。


そして今月。入社以来熱望していた
カメイカップ2017U-15東北サッカー選抜大会決勝の実況を担当しました。



さすがは東北各県の選ばれたプレイヤー達。
一人ひとりが個性を出しながら、
チームとしても見応えのあるサッカーを披露していました。


ほとんどの局面でプレーの止まることがないサッカー。

だからこそボール回しの意味やオフザボールの動き、ディフェンスの立ち位置など面白さが随所に散りばめられているのもサッカーです。


その面白さにどれだけ反応できるか、
またそれをどんな言葉で表現するか…

課題は残りましたが
やりがいと楽しみは尽きないなと感じています。


初めての挑戦が詰まったこの一カ月。

挑戦をサポートしてくださった、
野球解説の山村宏樹さん、
サッカー解説の財前宣之さん、

そしてこうした環境を与えてくださった全ての皆さんに感謝です。


まだまだ私にとってのスポーツの秋・実況の秋は終わりではありません。
駅伝に少年サッカーなど
次は一度喋った経験を活かす、そんな戦いです。


取材をさせていただく皆さん、
何卒よろしくお願いいたします!


サンマ×大きなパワー!(おまけ付き)  鈴木沙喜代 2017/10/13 (22:10)
食べに行ってきました。ああ、美味しかった。
 
      「サンマ」
     
サンマフェスティバル@気仙沼 へ!!!


フェスと聞いて、ただのライブかな…なんて思う方もいるかと思いますが、いいえ。
宮城、気仙沼への思い。グルメに音楽に素敵な人々。
全てがぎゅっと詰まったキセキのようなイベントでした。


開催場所は波路上瀬向(はじかみ せむかい)。
震災遺構となる「気仙沼向洋高校」旧校舎のちょうど裏の場所にあたります。
気仙沼向洋高校は、東日本大震災当日に避難した約50名の命を救った建物であり、
地元の方の声も受け、被災当時の姿のまま残されています。


サンマフェスを続けること。
この場所で開催すること。
それに伴う決断や多くの方の協力。

大きなパワーと想いが一つになってサンマフェスがあり、
私達はここに来られるのだと感じました。





ボランティアの皆さんが美味しいさんまを一生懸命焼いてくれていました。
最高のグルメと音楽と笑顔に溢れた幸せな空間!
            
ステージに気仙沼高校や気仙沼向洋高校の高校生達も登場。(グっときました)




この場所にみんなが来て、楽しむことに意味がある
スタッフの方々のまっすぐな気持ちが胸に刺さりました。
ずっとずっと続いてほしい、
そして絶対に来年もまた来たい。
そんなイベントと場所に出会えた日でした。

http://sanmafes.com (H.P ぜひのぞいて見てくださいね!)

--------------------------------------------------------------------

……サンマフェスの余韻に浸る中。
   夜のアナウンス部には(愉快な)先輩たちがいましたので、
      「サンマの絵をかいてください」とお願いしてみました。

 
エントリーナンバー やなせさん           
             
     
               
たぶん毛がはえてます。
 

エントリーナンバー△い箸Δ気鵝 

     
これはつちのこかズッキーニです。



……

サンマフェス本当に本当にありがとう!

 
             

           おわり (鈴木沙喜代)


秋の夜長の…    加藤智也 2017/10/09 (00:48)
中継準備。


いつ終わるとも知れない実況資料を作り続ける松原アナ。


取材した内容をメモに残し、
遅くまで式典MCの資料を読み込むルーキー白壁。

一体なんの準備かといいますと…

東北6県から集まったアンケートと、
決勝に勝ち上がった2チーム計32人の選手全員の取材を1日で行い、
睡眠時間と体調のギリギリのラインを見極め放送に臨む大会。
そう!「カメイカップ」!!

あ、冗談です。本当は、

東北6県から集まった中学生年代の代表が、
決勝の舞台ユアスタ、そして東北NO.1の座を目指し熱戦を繰り広げる、
あの日本代表・香川真司ら数多くのプロを輩出してきた大会。
それが!「カメイカップ」!!

です。


今回、選手・スタッフのサッカーにかける情熱、
そして将来が楽しみな選手の才能溢れるプレーをお伝えするのが、

解説・元ベガルタ仙台MF財前宣之さん
実況・元花巻中学校サッカー部DF松原アナウンサー



放送は、
10月14日(土)15:30〜

未来の日本代表が、東北の地から羽ばたく瞬間を是非ご覧下さい!








…蛇足。
最近、馬好きが行き過ぎて直に触れ合い始めました。


知り合いに馬を飼っている方が出来まして、
仕事で行き詰まった時には(いつも行き詰まってるだろとか言わないで下さい)
朝6時くらいに会いに行ってます。


自分で引いて一緒に歩くと、すんごく穏やかな気持ちになります。

今週は、わが故郷岩手の岩手競馬で国内最高峰のレースJpn菊酩杯、
11月は福島競馬の開催もありますし♪
天高く馬“走る”秋も良いですね♪(←仕事しろ)


挑戦!! あんざいまき。 2017/09/30 (18:38)
     

華麗に決まったパフォーマンス!?

実はこれ、現在開催中の『ポップサーカス』に潜入&体験させていただいたときの一コマなんです。


私が体験したのは・・
     
「ハンド トゥ ハンド」というパフォーマンスをするこちらのご兄弟のこのポーズ。


ん?
なんか違いますか、、ね、、?
        

いやいや。
我ながらしっかり決めているかと、、?

このポーズ、簡単そうに見えますが
太ももの筋肉、体幹をしっかり使わないとバランスが取れないので
意外と大変です。

「普段から運動していて良かったーーー。」
と思った瞬間です。


「ポップサーカス」は、人間の限界を超えた息を呑むパフォーマンスが圧巻!
パフォーマーたちの筋肉美にうっとり。
息遣いにハラハラすること間違いありません。


私もそうですが、子どもの頃に見たサーカスは
大人になった今でも鮮明に覚えているものです。


「我が子を連れて行きたいな・・」

そう思える「ポップサーカス仙台公演」は
11月26日まで開催中です。

        

ご家族と、お友達と一緒に、いかがですか??


熱戦。 げかこういち 2017/09/24 (18:58)
9月22日(金)から利府ゴルフ倶楽部で行われた
「第45回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」。
18歳の畑岡奈紗選手のプロ初優勝で幕を閉じました。



3日間通して天候にも恵まれました。
日焼け対策にキャップとサングラスを投入するほど
日差しも強く照り付けました!

105人のプロはもちろん、
3人のアマチュア選手たちもがんばりました!



東北高校3年の木村怜衣(れい)さん。
残念ながら予選通過は果たせませんでしたが、
「この経験を活かして来年のプロテストに合格したい」と
話してくれました。
そのときは取材に行きます♪



日テレG+では「1番ホール生中継」も担当しました。
解説の松澤知加子プロは
なんでも教えてくれる優しいお姉さん。
「ゴルファーあるある」や「選手の裏話」など
放送中にも惜しまずネタを提供していただきました(笑)。


年に1度の中継ですが、
地上波実況の伊藤アナや柳瀬アナ、
ラウンドリポートの松原アナ、
放送には映りませんが
選手を送り出すスタートアナを務めた浮ヶ谷アナ、安斎アナ、白壁アナ、
キッズアナウンスを指導した吾妻アナと
みんな寝不足の中?「総合力」で乗り切りました。
本当にお疲れ様でした。


きょうはいっぱい寝て、
来週の野球中継に備えます☆