感謝       加藤智也 2019/02/23 (17:25)
アナウンサーという仕事に就いてもうすぐ11年。

社会人になるまで一番長く取り組んできたのが10年続けたハンドボールだったので、
それを抜いて人生で一番長く取り組んだのがアナウンサーになりました。

先日、かつて6年程務めた「ちょっとブレイクタイム」のMCを1年ぶりに担当しました。
久しぶりのスタジオはもっと緊張するかと思いましたが、
毎週担当していた頃と違って少しだけ余裕をもってしゃべることができた気がします。
年を取ったせいもあるかもしれませんが、番組スタッフとMCの若林さんが、
しゃべりやすい雰囲気を作ってくださったからだと思います。




またレギュラーのリポーターさん達がお休みのタイミングで担当する
中継コーナーも、ゲストの皆様の優しさと、中継スタッフが整えてくれた
素晴らしい環境のおかげで、楽しんでしゃべらせてもらえました。


2月21日のイチュー
東松島の「レストランぱらだいす」ご主人の及川さんと



そう考えるといつも代打のポジションや、
自分の人間としての魅力の乏しさに苦しむことは多かったけれど、
差別せず扱ってくれていた方が多かった気がします。
今更ですが感謝しかありません。
そして辛抱強く見守ってくださった視聴者の皆様、
ハガキやメールをくださった方、街中で声をかけてくださった皆様に
心から感謝しています。


まるで辞める文章ですが(笑)


まだいますよ(笑)


こんな私にも優しかった人達へ、何も恩返しできていませんし。
頑張り方は少し変わりますが。
必ず。パワーアップします。


☆女3人旅in名古屋☆   安斎摩紀 2019/02/18 (08:59)
週末を利用して決行した女3人旅。

向かったのは・・


食べたいものがたくさんあって
      
※なぜか写真が横になってしまう。首を傾けて見てください・・。

「なんで食事の回数は一日3回なんだろう?」って。
「食事の回数が足りないね!」って。

こんなにたくさん食べておきながら
旅の最大の目的は名古屋飯ではなく

LIVEだったんですけどね♪

食べて歩いて
食べて歌って
食べて踊って
しゃべってしゃべってしゃべって・・

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうのね。
けれどパワーもいっぱいチャージできたし。
よし。またお仕事頑張ろう。

大学からの大親友との女3人旅in名古屋。

最高の週末でした。
さて。次はどこに行こうか??


☆おまけ☆
名古屋に向かう直前の東京駅にて。

彼女もまた大学時代からのお付き合い。
お互いの旅の計画はつゆ知らず。
一日に何十万人が利用する東京駅での
奇跡的な出会いに大興奮の二人!なのでした。


不在。 2019/02/08 (20:14)
1月、2月はほぼ仙台にいない外賀です。
後輩の白壁アナには2週間くらい会わなかったような気がします。

1月中旬はベガルタ仙台のキャンプ取材で、
2月上旬は楽天イーグルスのキャンプ取材で
沖縄に行ってきました。すでにリゾート感満載の日焼けをしました。

*久米島のイーフビーチ

この時期のキャンプ取材はワクワクが止まりません。
昨季までいた選手が今季はどんな思いでシーズンに臨むのか、
今季から新たに加入した選手はどんな思いで宮城にやってきてどんなアピールをするのか。
そして、チームが2019年バージョンはどんなチームになるのか。
選手たちの表情を見ていると楽しみしかありません。

*ベガルタ仙台沖縄(糸満)キャンプ

キャンプで収録したインタビューは『ミヤテレスタジアム』の中で放送していきますので
お楽しみになさってください!

*『ミヤギnews every.』に出演していただいた楽天イーグルス・銀次選手と


沙喜代アナを褒めてみる  柳瀬洋平 2019/02/02 (22:37)
退職に伴い、去年いっぱいで「OH!バンデス」を卒業した
鈴木沙喜代アナウンサー。

その沙喜代アナを囲んで、
先日、ミヤテレアナウンサー仲間による
ささやかな送別会が催されました。



乾杯の挨拶で、沙喜代アナを慰労する伊藤拓アナウンサーと
となりで神妙に聞くふりをする、松原稜典アナウンサー。

  



寂しさから?睡魔に襲われるダメなワタシ…。


  


なぜか、写真がこれしかなく詳報できないのが残念ですが、
ひとりひとり、沙喜代アナに感謝や想いを伝えるスピーチタイムも設けられ、
募る想いが次々と涙となって溢れる、素敵な時間となりました。


自局のアナウンサーを持ち上げるのも変な話ではありますが、
何をしても、何をさせられても嫌みがない、という点で、
彼女は珍しい素質をもった存在だったように思います。

そして、見た感じの人懐っこさ、天真爛漫さゆえ、
ともすると天性のモノだけで仕事をしているように見られがちですが、
その素質に胡坐をかかず、
物事に対して憶病に向き合って努力できるところが、
実は彼女の一番の才能なのかなぁと、
後輩ながら、敬意をもってみていました。
(普段はイジリ倒していましたが・・・)


よって、大きな存在の、旅立ちです。


そんな沙喜代アナの、後任の1人が
私の「元」相方、蜂谷アナウンサーです。

  


最近はカメラを向けても、
「アナタに構っている暇は、ありません!」とばかりに
日々目をまん丸くしながら、
弊社看板番組MCという大役に悪戦苦闘しています。


変化の2019年、
がんばろう、みんな!


健康第一で。 いとうたく 2019/01/24 (10:50)
 今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年の年末。なかなか大変でした(笑)。
理由は簡単です。久々に体調崩しました。

スポーツもオフシーズンなので
年末は意外と思われますが、料理をしたり、本をまとめ買いして
読み漁ったりするのですが、すっかり寝込んでしまいました。
心配なので、合計3回インフルエンザの検査もしましたが
こちらはすべて陰性。しかし、微熱と咳がなかなか治らず。


本当に普段ですと、家族を喜ばすために腕を振るうのですが・・・
風邪ひく前に作ったもの。

シチューと小松菜の中華炒め


しょうがをたっぷり加えた牛丼


年のせいか治りが悪く、風邪が収まってきたと思いましたら
目の奥に痛みがでて、鼻の調子が悪く・・・。

今度は耳鼻科に行きますと「急性副鼻腔炎」とのこと。

完治までちょっとかかるそうです。
普段、風邪ひいて病院行って薬もらっても、
症状がよくなると飲むのを忘れてしまうこともある私ですが、
まじめに、まじめに薬も飲んでます。
とにかく早く治したくて・・・。結構痛いんです。

若い時、今の私くらいの年の方(40代半ば)が
「年だなー、体調がさぁー」という話を聞かされると
「俺は絶対ならないぞ!」と思って聞いていましたが・・・。

いざ当該年齢になると、やっぱり少し弱るんですかね・・・。

若い時の自分なら、こんなことをブログにも絶対書きませんでした。
むしろ、健康ネタは書くべきではないと思っていました。
人に心配かけるのも嫌ですし、アナウンサーは体調管理も大事な仕事!と
言われて育ちましたから、
体調崩す=恥ずかしい という意識もなくはありまりません。


でも、あえて書きました。

なぜなら!
私と同じ、四捨五入で50歳になるお父さんに言いたかったから。

「絶対、健康第一でいきましょうね!」ということを。

今年もよろしくお願いいたします。

追伸
12月30日から1月4日まで一歩も家から出なかったことで
うちの様子がよくわかりました。

所謂「女子力」がどれくらいあるか心配だった長女が
意外と女子力が高かったり。

長男が思っていた以上に、目標に向かって頑張っていたり。

家にいたからわかることもたくさんあったので
それもよかったのかも・・・。