エコ鍋

プロジェクトファイナル! 試食会は大成功、そして…
2009年2月13日

☆「ちゃちゃっと茶鍋」
※ レシピはデータ放送・HP・モバイルサイトでご覧になれます
 

<お問い合わせ>
「具楽」
仙台市青葉区大町2−5−3コーポラティブハウス大町301
TEL/FAX022−267−4758
Mail info@guraku.com



うちエコ鍋 完成!
2009年2月6日

☆「ちゃちゃっと茶鍋」 
【レンコン団子】
レンコン・すりおろしたもの…200g
鶏ひき肉…100g
味噌…大さじ1
塩…小さじ1/2
揚げ油…適量
A{※すべてみじん切りで
 {ねぎ…大さじ2
 {椎茸…大さじ2
 {干し柿…大さじ1
 {生姜…小さじ1
【薬味】
梅肉(適量)
≪作り方≫
【だし汁を作る】
1. 土鍋に昆布と水を入れて昆布だしを取る。
   沸騰したら昆布を引き上げ、パックに入れた日本茶を加える。
   緑色になったら茶のパックは引き上げる(5分程度)。酒と塩を加え、味を調える。

    【具を作る】
2. 大根・人参はピーラーでむく。白菜は長めの細切り、芹は5cmの長さに切る。
   ねぎは斜め切り。戻した干し椎茸は半分に切る。ホタテ・牡蠣は洗って、サッとゆでておく。

【団子を作る】
3. @ レンコンは皮をむいてすり下ろし、ざるにあけて水分を切る(5分程度)。
   A 鶏のひき肉をボウルに入れて粘りが出るまで混ぜ合わせる。
   B Aに@とAを入れて混ぜ合わせ、さらに味噌と塩を加え混ぜ合わせる。
   C Bを団子にし、170℃に熱した油でキツネ色になるまで揚げる。

4. 土鍋に2の具、3の団子を入れ、火が通ったら完成。
5. 仕上げにかつお風味のだしの素を振り入れる。
6. お好みで梅肉といっしょに召し上がれ。


「ミヤギテレビ 特別キャラバンイベント」 
2/8(日) 
11:00〜11:30  松島かき祭り特設ステージ(JR仙石線松島海岸駅前グリーン広場)



エコ鍋いよいよ試作品完成?
2009年1月30日

☆<試食イベント開催!> 
2/8(日) 松島かき祭り 11:00

早坂具美子先生
<お問い合わせ>
「具楽」
仙台市青葉区大町2−5−3コーポラティブハウス大町301
TEL/FAX022−267−4758
Mail info@guraku.com



食材王国・みやぎだから鍋の食材あれこれ!
2009年1月23日

ベースの味が「お茶」に決まった「うちエコ!鍋」
次は鍋に入れる食材選び!ですが、早坂先生も初めて作る鍋。
まったく見当がつきません…。
そこで地産地消、今が旬のものを集めてその中から具材を選び出すことに。
JA仙台農産物直売所で副店長 沼田さんのアドバイスのもと、旬の食材をチョイス!。
さらに宮城の冬といえば…やっぱりカキ!松島地区漁業組合でプリップリのカキをゲットしました。
急いで鍋の試作品を作らなきゃ!



☆「JA仙台 農産物直売所」
 
仙台市宮城野区福室2−7−30
TEL022−388−7318
FAX022−259−5838
(営業時間)10:00〜18:00 
(定休日)水・年末年始

☆「松島地区漁業組合かき直売所」
宮城郡松島町松島東浜12−1
TEL022−354−2269 
(営業時間)8:00〜17:00
●加熱用かき殻付き(25個入)…1,000円
早坂具美子先生

<お問い合わせ>
「具楽」
仙台市青葉区大町2−5−3コーポラティブハウス大町301
TEL/FAX022−267−4758
Mail info@guraku.com



本格始動!お茶鍋製作決定!
2009年1月16日

「うちエコ!鍋」を作るったって何から作ればいいのか…
早坂先生のアドバイスでまずは「ベースの味」を決めることに。
カレー味やトマト味などいろいろ実験、味見。
「ん〜ピンとこない」
新しい味、オリジナルの味を追い求めるもなかなかうまくいかず…
あきらめかけたその時、偶然であった味、それが「お茶」+「こぶだし」
「うちエコ!鍋」のベースの味はこれで決定!

☆「お茶鍋 試食イベント開催!」
 
2/8(日)
松島かき祭り(9:00〜14:00)※鍋をふるまう時間はまだ未定
早坂具美子先生

<お問い合わせ>
「具楽」
仙台市青葉区大町2−5−3コーポラティブハウス大町301
TEL/FAX022−267−4758
Mail info@guraku.com



第1回
2009年1月9日放送

この冬、バンデスが贈る!まさにホットなプロジェクト!
リーダーの安斎を中心に宮城と、美 味しい食べ物に精通したディレクター陣が意見を出し合い白熱!
鍋は作る前から熱くなる!?





でもやっぱり強い味方がほしい!
ということでバンデスが探した料理の達人はこの方、
早坂具美子先生。
仙台市内で料理教室を開きながら宮城の食産業に
深く関わっているフードコーディネーターなんです。
先生の技と、こだわりと バンデスの鍋奉行・安斎が
どんな「うちエコ!鍋」を作っていくのか 乞うご期待!


鍋は地球を救う!


エコ鍋写真1
エコ鍋写真1