MiTe site
[「夢は叶う」 あんざい まき]

☆6月9日号☆
彼女との出会いは
私が日本テレビアナウンス学院に通っていた頃。
だから
今から20年も前のお話。

大学2年生だった私は
毎週彼女に会うのが楽しみで
彼女に会いたくて
レッスンに通っていたと言っても良いほど。

綺麗で
知的で
いつもキラキラしていて。
「才色兼備」とは
彼女のためにあるんだと思っていた。

大学3年生になり
私たちは
「アナウンサーになりたい」
という同じ夢を叶えるべく
一緒に試験を受けていた。
“同じ夢がある"
というのがとても嬉しかった。

けれど。。

キー局の試験が終わった時
彼女は私に言った。
「アナウンサーになるのは辞める。
 アナウンサーになる夢は摩紀に託したから。
 摩紀は絶対にアナウンサーになれるから。。
 私は、小説家になるから。。。」と。

正直、ものすごく寂しかった。
“同じ夢"を追いかけることができなくなったから。

でも、嬉しかった。
彼女が私を応援してくれているのが。
彼女が“もう一つの夢"を見つけていたのが。


           
     


あれから20年。
彼女は小説を書いている。

今も刺激を与えてくれる大切な人。
いつまでも私の憧れの人。

「夢は叶うもの。叶えるもの。」

今回はそんなお話。
あんざいまき

2018/06/15
■2018/06/09
2018/06/03
2018/05/27
2018/05/17

Topへ