MiTe site
[御勇退    加藤 智也]

☆3月22日号☆
春は出会いと別れの季節。

先日、高校サッカーの名将が定年を迎え、
その退職を祝う会に参加させていただきました。

その先生は仙台商業サッカー部の
氏家錦(うじいえ にしき)元監督。

3年生と記念撮影をする氏家先生


一昨年の全国高校サッカー選手権宮城県大会決勝、
氏家先生がチームの指揮を執る最後の年。

3連覇を目指す聖和学園を相手に3点のリードを許しながら
後半ラスト5分から仙台商業が2点を奪い、王者にあと一歩と迫った熱戦は
私が実況させていただいた中でも、特に忘れられない試合の1つです。

祝う会には氏家先生が19年間指導されてきた全ての年代の教え子や
関係者、合わせて200人以上が集まり、
先生は本当に多くの方に愛されてきたのだと強く感じました。

OBに、お店の天井ギリギリの高さまで胴上げされる氏家先生


このような素敵な出会いや機会に恵まれた時に
アナウンサーをしていて良かったと感じることが多いのですが、
同時に「良かった」で満足すれば、
何の恩返しも出来ないまま終わってしまう、
それは申し訳ない…と考えてしまいます。
(↑めんどくさいタイプです)
結果、受けた恩は放送で返すことが
アナウンサーの本分、もっと力をつけて良い放送をしなければ…
と、いつも思います。

次また仙台商業が勝ち上がり、中継の機会に巡りあえた時には、
先生と選手が積み重ねてきた伝統、
試合の裏に隠されたストーリーをもっと視聴者の皆さんに伝わるように
実況したいと思います。

氏家先生、本当にありがとうございました。

一緒に出席した外賀アナ、鈴木アナと4人で記念撮影

2018/04/13
2018/04/08
2018/04/01
■2018/03/22
2018/03/17

Topへ