2月27日(木)放送の最終回は 「キャンドルイベント」 に伺いました

  

毎月11日に街中で灯すキャンドル。「ともす東北プロジェクト」はキャンドルを販売して売り上げの一部を被災地支援に役立てています。津波により被災した農地で塩害に強いアブラナ科作物を栽培する「東北大菜の花プロジェクト」を応援、誰でも気軽にできる支援活動として道行く人々が足を止めます。

【お問合せ】
チームともす東北 実行委員会事務局
TEL:263-2681

キャンドルイベント
みなさんからの「希望のメッセージ」
佐藤浩幸さん 細井美智代さん

チームともす東北 実行委員会
  佐藤 浩幸さん

「続けること」

毎月11日、キャンドルイベントに通う
  細井 美智代さん

「みんなが幸せな気持ちになれる事を
 していきたい」

2月20日(木)の放送は 「たかぎ呉服店」 に伺いました

  

2年前から亘理町のふるさと復興商店街・仮設店舗で営業を続けている「たかぎ呉服店」の新店舗がこの春、完成。現在、スペースに限りがあって呉服は展示せず、洋服を並べていますが、再スタートするお店では呉服も展示販売。3代に渡って57年続けてきた呉服店の再起にかける思いをお伝えします。
※支援
中小企業基盤整備機構
宮城県 中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業


【お問合せ】
たかぎ呉服店
TEL:0223-35-6336
宮城県亘理郡亘理町字悠里1番地 ふるさと復興商店街15-2

たかぎ呉服店
みなさんからの「希望のメッセージ」
代表取締役 髙城勝晃さん 取締役会長 髙城一治さん

代表取締役 髙城 勝晃さん

「信頼される店創り」

取締役会長 髙城 一治さん

「これからの明るく希望を持って
 お客に接すること」

2月13日(木)の放送は 「災害廃棄物処理業務 火納め式」に伺いました

  

石巻市、東松島市、女川町の災害廃棄物を処理してきた仮設焼却炉の火納式が1月18日に行われました。そしてその火が消え、県内すべての仮設焼却炉が役目を終えることになりました。復興に向けて一つの区切りとなったという火納式。処理に当たった作業員の方々に希望のメッセージを聞きました。

災害廃棄物処理業務 火納め式
みなさんからの「希望のメッセージ」
桑島修彦さん 藤井麻貴子さん

石巻ブロック災害廃棄物処理業務JV
  桑島 修彦さん

「地元石巻の復興に貢献したい」

重機オペレーター
  藤井 麻貴子さん

「楽しく笑顔で復興支援」

2月9日(日)の放送は 「子育て支援アシスト・エフワン」 に伺いました

  

石巻市北村の仮設住宅集会所で去年11月から始まった、週に一度の託児所付きの憩いの場。家にこもって育児に追われがちなお母さんたちのストレス解消を目指してNPO法人アシスト・エフワンが企画、運営しています。小物作り教室や音楽会などで束の間の休息を過ごすお母さんたちに希望を聞きました。

【問い合わせ】
特定非営利活動法人 子育て支援アシスト・エフワン
TEL:080-1852-8181
http://f-one.kids.coocan.jp/
※この取り組みは3月まで石巻市の助成を受けて活動

子育て支援アシスト・エフワン
みなさんからの「希望のメッセージ」
代表理事 伊藤美代子さん 伊藤由香さん 平塚唯さん

代表理事 伊藤 美代子さん

「子育てがたのしい!と思えるよう
 になってほしいです。」

伊藤 由香さん

「リフレッシュ」

平塚 唯さん

「明るく元気に子供達と共に育って
 行きたい!」


これまでの放送内容

2012年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年
1月
  •