2012年10月

10月27日(土)の放送は 「仙台・カキ料理店」 にうかがいました

  

青葉区のかき小屋飛梅は目の前で牡蠣を焼いて出す料理店。新鮮な牡蠣は震災で被災しながらも再開した石巻の水産会社から取り寄せます。また、岩手県大槌町出身の三浦喜文さんを雇用。三浦さんの希望は故郷大槌に皆が集まる居酒屋を開くこと。被災地の雇用創出にも力を注ぐ企業の姿です。

【問い合わせ】
かき小屋飛梅
青葉区中央1-6-39 菊水ビル2F

電話:022-224-2240
営業:11時~14時、17時~24時 年中無休

みなさんからの「希望のメッセージ」

代表取締役 松野勝生さん(67)

「復興に具体的に貢献する企業となる。
 沿岸被災地に灯りをともす。」

三浦喜文さん(36)

「ふるさと大槌に明るい光を持って
 帰ります」



10月20日(土)の放送は 「石巻・やっぺす隊」 にうかがいました

  

「やっぺす」とは宮城の方言で「やりましょう」という意味。石巻のお母さん達のグループ・やっぺす隊は、震災後にコミュニティー作りが進んでいない仮設住宅を回り、イベント等を開いてみんなが輪になるお手伝いをしています。もっと外に!「やっぺす」と声をかけるお母さん達の姿です。

【問い合わせ】
石巻復興支援ネットワーク やっぺす隊

電話:0225-23-8588
http://yappesu.jimdo.com/

みなさんからの「希望のメッセージ」

代表理事 兼子佳恵さん(41)

「活動をとおしてもっと大きな笑顔の “わ”を広げる」

戸田香代子さん(49)

「“戻す”ではなく新しい自分を!!」



10月13日(土)の放送は 「青葉区・石窯ピザ店」 にうかがいました

  

山元町の人気のピザ店は、震災で全壊。諦めかけていた店主の石川さんを勇気づけたのは多くの常連客からの励ましのメールでした。さらに東北福祉大学からの場所の提供もあり、今年4月、石川さんは手作りの石窯で再びピザを焼き始めます。奥さんと、以前のように手を取り合って。

【問い合わせ】
石窯ピザ オッツィオ
青葉区国見ヶ丘6-149-1
東北福祉大学スロヴェニア記念館1F

電話:022-343-6672
営業:11時~14時/17時~21時
水・木曜日定休(祝日は営業)

みなさんからの「希望のメッセージ」

石川 淳(じゅん)さん(44)

「いつでも自分らしく。」

石川 雄子さん(44)

「美味しく楽しい時間を皆様と…」



10月6日(土)の放送は 「仮設に通うセラピスト」 にうかがいました

  

仮設住宅の人々が心待ちにしているのは、手と足をマッサージするボランティア。施すのはチーム・ドルフィンドリームの女性たち。彼女たちは震災直後から避難所を回り、被災者の心と体をケアしてきました。「ふれあうことで笑顔にしたい」。癒し業界の人材育成にも取り組むチームの姿です。

【問い合わせ】
IDTAセラピスト協会
杜の都チームドルフィンドリーム
TEL&FAX:022-287-8222
http://dolphindream.jp/idta/

みなさんからの「希望のメッセージ」

理事 天野 龍(りゅう)さん

「被災地から広がれ!
 世界中が愛と笑顔と癒しで
 いっぱいになりますように。」



ページTOP