2015年6月28日(日)に放送した内容はー

直前まで放送していた『楽天vsソフトバンク戦』
この日はプロ8年目、加藤アナウンサーの野球実況デビュー戦でした!
解説の山村宏樹さんに助けてもらいながら無事デビューした加藤アナ。
番組冒頭で、試合終了後のコボスタからハイライトを伝えてくれました。

【女子プロ野球を見に行こう! 東北レイア】

今年、宮城に拠点に活動を始めた女子プロ野球チーム『東北レイア』。
しかし、男子に比べてまだまだ認知度は低い女子プロ野球。
先月最初の公式戦を紹介したミヤテレスタジアムでは今回、試合での注目ポイントを紹介します。

①キャッチフレーズに注目

ファンに覚えてもらおうと選手が自分たちで考えたキャッチフレーズ。
ユニークなものが揃っています。例えば…

中でも気になったのが〝女子プロ野球界の大谷翔平〟古谷恵菜。177cmの長身です。

身長だけではありません。古谷が大谷と言われる由縁は「球速」

女子プロ野球界の最速は126キロ。
常に120キロ台を出している古谷には、球界新記録となる130キロへの期待がかかっています。
試合を見に行けば、歴史が塗り替えられる瞬間に立ち会えるかも?!

②コーチに注目!

この日の対戦相手、京都フローラのコーチの中に見覚えのある顔がありました。
元楽天イーグルスのピッチャー・朝井秀樹さんです。

2012年に現役を引退。去年、関係者からの誘いを受けコーチに就任しました。

朝井コーチが所属する京都フローラとの一戦。
東北レイアの先発は、女子プロ野球界の大谷こと古谷。
しかし、初回フォアボールでピンチを招くと早々と先制点を許してしまいます。

それでも東北レイアはすぐに反撃を開始!6番・高塚のタイムリーで同点に追いつきます。

味方の援護に応えたい古谷は、自慢のストレートで真っ向勝負!2点目を失いながらも、見事完投しました。

↑笑顔でマウンドを降りる古谷

サヨナラのチャンスを作った7回 (※注 女子プロ野球は7回が最終回)。
東北レイアはサヨナラ勝ちで初勝利を収めました!

③試合後に注目!

試合後にも注目のポイントがありました。
女子プロ野球では、勝利を祝うパフォーマンスがお約束。
東北レイアは勝利の踊りを踊ります。振付は自分たちで考えたそうです。

見所たっぷりの女子プロ野球。
朝井コーチは「自分だけのアイドル選手を探すのも、楽しみの一つ」と話していましたよ。

2015年6月21日(日)に放送した内容はー

【外賀ちゃん、夢のF1レーサー体験?!】

若林区のカーショップ『オートマスター』に
世界最新鋭のドライブシミュレーターがやってきたと情報をもらって早速取材に行ってきました。
それがこちら!

一見ゲームセンターにあるレーシングマシーンの用に見えますが、中身は世界の最先端。
世界で初めて『7軸シリンダ―』を採用したシミュレーターなんです。
これまでは2軸が主流だったシミュレーター。
可動する軸を7つに増やすことで、
加速したときやスピンしたとき…限りなく現実に近い走りを再現します。

その走りを外賀ちゃんが体験!
コースも一般道からサーキットコースまで色々選べます。
外賀ちゃんは憧れの鈴鹿サーキットでF1をセレクト。

シミュレーターから降りたあとも「汗かくし、震えが止まらない」と話していた外賀ちゃん。
それだけリアルな動きなんですね。

シミュレーターのいち早い購入を決めたのがオーナー、武山さん。
心から車を愛しているからこその導入となりました。

この最新シミュレーター、誰でも体験できるので
F1レーサーになってみたい!
そんな夢を抱いている皆さん、是非お店に足を運んでみて下さい。

また、お店では今回情報をくれた宮城出身の元F3ドライバー
森下陽介さんのドライビング講座も実施しています。
今は一戦を退き、後進の指導に力を注いでいる森下さん。
大きな夢を抱いています。

↑現役時代の森下さん

森下陽介さんドライビング講座 問合せ
『オートマスター』 022-766-8240

2015年6月14日(日)に放送した内容はー

【コボスタから生中継! パンダライオン 楽天戦満喫】

『楽天vs中日戦』、パンダライオンが副音声に初挑戦。
この日は則本投手が完封、ペーニャ選手の2HRで快勝!
試合の熱気が冷めやらぬコボスタから生中継でお伝えしました。

一コボスタでは、日によって様々なイベントが開催されています。
試合前から楽しめる楽天戦。パンダライオンのメンバーが満喫してきました。
(※毎日イベントは変わります。楽天のHPでチェックして下さい。)

■KIMさん

ライトスタンド側にずらりとできた長打の列に並んだKIMさん。
その先で配られていたのは嶋選手のボブルヘッドフィギュアです!
KIMさんは田中将大選手のボブルヘッドフィギュアを持っているそうで
「バッテリーを組ませて神棚にかざります」と話していました。

■MOZさん

MOZさんは入場口で、嶋選手の『応援ボード』をゲット。
キャプテン嶋とのコラボでキャプテン翼の作者・高橋陽一先生が描いたものです。

■AIBAさん

親子連れが集まるステージにやってきたAIBAさん。
ここでは仮面ライダーと記念撮影ができるのです。
「選手もヒーロー、ライダーもヒーロー、パンダライオンもヒーローになりたい!」とAIBAさん。

■59さん

59さんはゲートを入ってすぐの広場へ。
簡易的につくられたコースで、チビッ子ライダーが激走していました。
子供に人気の『ランニングバイク』のレース。59さんも目尻が下がります。

他にもグッズショップや、バッティングセンターなど遊べる場所が盛りだくさん。
観戦の際は少し早めに行って、コボスタを満喫しちゃいましょう!