2018年5月27日(日)に放送した内容はー

青春SONG

今回KIMさんと59さんが訪れたのは、
仙台市立仙台工業高等学校の〝アーチェリー部〟!!

59さんがアーチェリーを体験してみました!
教えてくれるのは、エースとキャプテン・双子の坂本兄弟です!!

総体に向けての意気込みを聞いてみました。

キャプテン坂本大空さん(3年)

「今週末に県で(総体が)あるんですけどそれでは1位を取ってインターハイ出場して全国でも個人、
 団体1位を取って、うれしい気持ちで終わりたいです」

 

吉田莉乃子さん(2年)

「女子個人でインターハイに出場したいと思っているので最後の一射まで気を抜かずに射てるように頑張りたいと思います」

☆そして県高校総体の結果☆
男子では坂本大地さん(3年)インターハイ出場決定!!
女子では吉田莉乃子さん(2年)インターハイ出場決定!!

おめでとうございます(^0^)/!!

♪今回の青春SONGは「boost」song by パンダライオン

聖和バスケ部 ~スーパー女子高校生~

聖和学園高等学校 薬師堂キャンパスにいるスーパー女子高校生、今野紀花選手(3年)!
今野紀花選手は日本代表候補で、先月ワールドカップの選考合宿に最年少で招集されました。
なんと高校生は50人中2人だけなのです!

今野紀花選手
「当たり前のレベルが高くて、シュート1本1本に対する目つきが違うし、シューティングの質が違うし、
 シューティングだけで人にすごいと思わせるのは相当すごいなと思う」

 

 

小学校3年生の時にバスケを始め、中学生の時には宮城県選抜チームで全国3位に入賞!
全国の強豪校から声がかかるなか、あえて宮城に残ったのには理由がありました。

今野紀花選手
「最後の試合が残り9秒で逆転負けした悔しい試合だったので、
 もう一度このメンバーと一緒に宮城代表として全国で優勝したい」

 

 

『聖和学園バスケットボール部、今年の目標は日本一

2018年5月20日(日)に放送した内容はー

マメちゃん熱ケツ情報  ~テーマ「うっぷん晴らし」~

銀次選手→買い物(奥様と二人で)
内田選手→そうじ(几帳面なO型)
高梨投手→家で熱唱(隣の家の人…スイマセン)
今江選手→ロッカールームでの会話(釣りはスランプ中)
藤田選手→車の中で叫ぶ(もちろん窓は閉めて)

センダイガールズプロレスリング
~リングネーム返上 美人レスラーの想いとは~

本名『岩田美香』、仙女3年目のレスラー!
リングネームは白姫美叶で活動していたが、名前のイメージとのギャップに苦しんでいたのです。

葛藤の中、先輩“DASH・チサコ”との対戦で惨敗しある決断した。
『名前、返上します』

そして岩田選手の殻を破るきっかけとなった選手が木村花選手。
彼女もまた美人レスラーとして注目の存在。
抜群のアピール力で魅了していくライバルの姿は岩田選手の刺激になりました。

岩田選手「今は自分のやりやすい名前で自分らしい、一番表現できる岩田美香で突っ走ろうかなと思います」

2018年5月13日(日)に放送した内容はー

西村インタビュー企画 ~旬な男 西村選手を直撃!!~

月一レギュラーの平瀬智行さんと外賀ちゃんで、旬な男!西村選手を直撃してきました!

プロ4年目のフォワード西村拓真選手!

去年ルヴァンカップのニューヒーロー賞を獲得し話題となりましたが、
今シーズンはリーグ戦でチームトップの6ゴールをあげるなど、急成長を遂げています。

平瀬さんに西村選手について伺いました。

平瀬さん「点を取れる場所にいられるようになった。冷静になったということですね。
     ホームで札幌戦のドリブルからのシュートも、石原選手との距離を見てこぼれ球を拾って冷静に決めた。
     すごくよくなっているのかなと思います!」

     

西村選手「2ケタとかあまり目指していないです。毎試合、点を取りたいと思っているので。
     チームが勝って僕が決められれば1番うれしいです」

パフォーマンスについては・・・

 

平瀬さん「何あのパフォーマンス?笑」

西村選手「…自然にでるものなので…」

平瀬さん「次(ゴール決めたら)ミヤテレの4ってやってもらっていいですか?」

西村選手「イヤです!笑」

2018年5月6日(日)に放送した内容はー

志村雄彦さん引退~小さな巨人の雄姿~

今シーズン限りで引退を決断し、現役最後の試合を終えたばかりの志村雄彦さんが
ミヤテレスタジアムに来てくれましたー!!

《まず今の気持ちは?》

志村雄彦さん「終わって見て体中が痛いです。やっているときは気持ちが入っているのであまり感じなかった。
       一気に疲れと解放感が…普通の35歳になりました。笑」

志村雄彦引退シリーズには、かつてのチームメイトや自分の原点の一つと語る、高校時代の恩師も駆けつけました!

Bリーグ在籍選手では史上2人目となる通算2000アシストを達成したゲームメイク。
引退を決断した選手とは思えない勝利への執着心で最後まで戦い続けました。

《ふるさとで戦い続けた10年、あらためて振り返って…》

志村雄彦さん「本当にたくさんいろんなことがあったんですけど、仙台に戻ってきて本当に良かったなと思います。
       89ERSに出会えて、こんなにたくさんの人と出会えて、
       そして何よりプレーを最後までやり遂げられたのはすごく幸せなことでした。」

《引退後はフロント入り、今後の目標は?》

志村雄彦さん「これから、仙台89ERSをもう一度B1に、そしてB1から日本一、B1でも戦えるチーム、
       チャンピオンを目指すために、強い89ERSを取り戻すために、
       何が何でも僕はどんな仕事でもしていきたいと思います。」

       

《最後にブースターのみなさんにメッセージを・・・》

志村雄彦さん「仙台89ERSのプレーヤーとして10年間本当にお世話になりました。
       みなさんとともに勝ちに向かって歩みつづけた日々が僕にとっての糧になりました。
       必ず仙台89ERSを強くするために人力しますので、これからも応援よろしくお願いします。
       10年間ありがとうございました!!」