ミヤギテレビ

NNN ミヤギテレビニュース

2010年12月22日(水)

  • 宮城県 記録的な大雨

    19:00VIDEO

    発達した低気圧に影響で宮城県内は荒天の1日。仙台では午後1時10分までの1時間で42ミリの降水を観測(12月の観測史上1位)。仙台市内では住宅への浸水や道路冠水が相次いだ。JRも在来線が各地でストップし、ダイヤの乱れは終日続く。

  • 光のページェント再開

    19:00VIDEO

    『SENDAI光のページェント』が全面再開された。今月14日に2ヶ所の配電盤から出火して休止。原因は「整流器」のショートと見られ、実行委員会で整流器を交換し、安全を確認した。午後5時30分に点灯が再開され、宮城県外からの観光客も楽しんだ。

  • 自死遺族が大臣に要望

    19:00

    家族を自殺で失った仙台などの遺族が、二次被害を防ぐ法律の制定を国に要望。自死遺族連絡会によると、家族がアパートで自殺した後で不動産会社から補修費や慰謝料のほか、アパートの建替費用として1億2千万円を請求され、裁判で争っているケースもある。

  • 小中学校あすから冬休み

    12:00VIDEO

    県内の公立小中学校のほとんどが、明日から冬休み。仙台市立榴岡小では冬休み前の集会が開かれた。久能和夫校長は「冬休み中は地域や家庭の行事をたくさん経験して下さい」と話した。教室で児童は事故にあわないなど、冬休みの過ごし方を確認していた。