心の音〜未来へのハーモニー〜

あの日、地震の揺れと津波の恐怖に翻弄されていた私たちにとって
音楽には力がなかった。
音楽ではお腹が満たされないし、身を守ってくれないから…。

あれから7年。
衣・食・住は、ある程度満たされている。
外形的な復興は進んでいるが、はどうか?

つらい時も常にそばにあって、勇気づけられた”誰か”の歌声。
音楽は心を豊かにし、人を元気にする。

被災地で人々の生きる支えになった『』。それは”心の音

この番組は「音楽」をテーマに、ナビゲーターのMay J. さんが
東日本大震災から丸7年が過ぎる各県の被災地を訪れ
復興の進み具合や変化を自分の目で確かめます。
そして、岩手・福島・宮城の被災地に生きる演奏者に密着。
May J.さんと共に”心の音”をお届けします。

 震災でピアノを失ったお宅に、全国で使われずに眠っているピアノを届ける『スマイルピアノ500』は、ピアニスト・西村由紀江さんが調律師たちと始めたプロジェクト。震災後、岩手・宮城・福島3県でおよそ50台ものピアノが届けられ、《ピアノを失い、夢をあきらめかけた人が、ピアノで笑顔と夢を取り戻す》 心温まる物語がたくさん生まれた。2014年、陸前高田の佐々木鮎美さん(当時18歳)のもとへ届けられた電子ピアノ。佐々木さんが小学生の時に埋めたタイムカプセルには「保育士になっていますか?」と、20歳の自分へのメッセージが…。震災でピアノを失い、心が折れかけた。でもピアノを届けられたことで夢をつなぎ、保育士になった。いま、子どもたちへつなぐ心の音とは…。

 福島県いわき市の沿岸部・薄磯地区は津波により、ほとんどの家が流される壊滅的な被害を受けた。地区にある豊間(とよま)中学校も校舎の二階まで浸水、その後解体された。震災から6年半が過ぎた2017年の2学期から、ようやく完成した新校舎での授業がスタート。豊間中学校には全国でも珍しい筝曲部がある。創部から30年の歴史がある部活だ。 震災後生徒数は55人と半分に、筝曲部員も20人から6人に減った。2年生は、未経験の1年生を熱心に指導し、部を引っ張っている。存続すら危ぶまれたものの、2018年1月に東京で開催される邦楽コンクールへの出場が決まった。「地域を盛り上げたい!」限られた練習時間で心をひとつに優美な音色を奏でる中学生6人による青春奮闘記。

 宮城県の沿岸部・東松島市の商工観光課の伊藤健人さん(24)は、高校二年生のときに被災、7人家族だった伊藤さんは祖父母・母・弟の律君(当時5歳)の4人を失った。家族を探していたとき、自宅跡の近くで律君の青い鯉のぼりを見つけた。それがきっかけで青い鯉のぼりを掲げる取組みが始まり、東松島の象徴となっている。小さい頃から和太鼓を叩いていた伊藤さん。鯉のぼりを掲げるとともに和太鼓を叩いた。「天国の家族にメッセージを届けたい…。」
宮城の和太鼓ユニット 閾(いき)のメンバーとなり、家族に、自分に、そして多くの人々へ心の鼓動を伝え続けている。伊藤さんが届けたい心の音とは…。

最後に、各県の演奏家の皆さんの演奏とともに
May J. さんが復興応援ソング『未来へつなぐメッセージ』をともに奏でます。

聴く人の心を揺らすピアノ・箏の音と和太鼓の響き、そして美しい声。
そのハーモニーをお楽しみください!

合奏
秋田放送 3月  4日(日) 午後4時~ 広島テレビ 3月  5日(月) 午前1時25分~
札幌テレビ 3月  6日(火) 午前2時14分~ 福井放送 3月  8日(木) 午前9時55分〜
中京テレビ 3月  9日(金) 午前1時50分〜 静岡第一テレビ 3月10日(土) 午前1時30分〜
テレビ新潟 3月12日(月) 午前3時20分〜 読売テレビ 3月14日(水) 午前2時 6分〜
テレビ宮﨑 3月16日(金) 午後2時55分~ 北日本放送 3月18日(日) 午前1時30分〜
日本海テレビ 3月24日(土) 午前2時 5分〜 四国放送 3月24日(土) 午後3時30分〜
青森放送 3月24日(土) 午後3時30分〜 山口放送 3月25日(日) 午後3時〜
山形放送 3月25日(日) 午後2時〜 くまもと県民テレビ 3月25日(日) 午後3時50分〜
テレビ大分 3月28日(水) 午後2時50分〜 テレビ信州 4月  7日(土) 午後2時30分〜
高知放送 4月  7日(土) 午後3時〜 西日本放送 4月  9日(月) 午前2時~
南海放送 4月16日(月) 午前2時~ 長崎国際テレビ 4月29日(日) 午後3時~

心の音 ~未来へのハーモニー~

<ナビゲーター>
May J.

<放送日時>
2018年 3月3日(土)午後3時30分~4時55分
(岩手・福島・宮城 3局ネット)

<製作・著作>
テレビ岩手、福島中央テレビ、ミヤギテレビ