ミヤテレアナウンサー

伊藤 拓
Taku Ito
Q. アナウンサーを目指した理由

幼いころから格闘技大好き。私と同じ世代ならご存じの方も多いと思いますが
マイク・タイソンというボクサーが東京ドームで試合をしました。試合をテレビで見ていた時、「我々のいる放送席、このあたりの席が10万円(確かそれくらいと言っていたような・・・)です。」と実況アナが紹介。当時、高校2年生の拓少年は「おっ、それじゃ、アナウンサーになればタダでこの席から見られるのか!」と思いました。そして、この試合はタイソンがまさかのKO負け。その際、アナが「歴史が変わった!」と実況。この一言にしびれました。興奮しました。誰よりもいい席で格闘技を見て、歴史の目撃者になり、言葉で見ている人に感動を届ける、これはいい仕事では!と思ったことが、大きなきっかけになりました。このようにアナを目指した理由は単純ですが、入社してすぐ、実況の難しさを知りました。

Q. 私のダメな所

短気、小心者、集中力が続かない、IT関連が苦手、人の顔を覚えるのが苦手、サ行、タ行、ハ行、ラ行が苦手、結構人見知り・・・実はアナに不向きな人間かもしれない。(笑)

生年月日
5月6日
入社年度
1996年
出生地
宮城県
出身大学
法政大学
趣味
釣り、ドライブ、スポーツジム通い
特技
剣道
資格
普通自動車免許、剣道二段、防災士
担当番組
  • スポーツ中継
    [野球、ゴルフ、陸上、格闘技など]
  • OH!バンデス
  • ミヤギnews every.