仙台市が発表 検体96件の全てから「E484K」変異ウイルスが検出・宮城

この記事をシェア

  • LINE
宮城 2021.04.26 19:07

仙台市によりますと国立感染症研究所で検査した検体96件の全てから「E484K」変異ウイルスが検出されたとということです。

仙台市は26日午後6時からの会見で3月31日から4月10日までに感染が確認された検体96件を国立感染症研究所で検査したところ全ての検体で「E484K」変異ウイルスが検出されたと発表しました。「E484K」変異ウイルスはワクチン効果を低下させる可能性が指摘されています。

また仙台市は市内の専門サービス業者で26日までに感染者が8人となりクラスターが発生したと発表しました。